ダイヤモンド婚式の記念品

ダイヤモンド婚式の記念品に最適なダイヤモンド婚式だるま

ダイヤモンド婚式の記念品:右側

ダイヤモンド婚式の記念品:正面

ダイヤモンド婚式の記念品:左側

結婚60周年を迎えた夫婦の名前を入れたプレゼントにおすすめ

こちらの「ダイヤモンド婚式だるま」は、「祖父母、両親など、大切な方への結婚60周年の記念品」として最適な、結婚記念日グッズです。

こちらの「ダイヤモンド婚式だるま」は、

祖父母、両親、友人夫婦、妻や夫への

「結婚60周年記念のお祝いであるダイヤモンド婚式のワイン以外のプレゼント」

「結婚60周年を迎えた夫婦の名入れをしたお祝いギフト」

「結婚60周年の記念品」

「結婚60周年のお祝いのメッセージを寄せ書きしてプレゼントするための寄せ書きグッズ」

に最適な結婚記念グッズです。

「ダイヤモンド婚式だるま」のお腹には、「ダイヤ婚式」の文字「結婚60周年を迎えるご夫婦の名前」を名入れいたします。

また、ダイヤモンド婚式だるまは、最上級のダイヤモンドの色であるピンク色で包み込みました。

さらに、顔の左右には、「夫婦仲が良く、不和や争いごとがない」の意味が込められた「夫婦円満」の文字と、「安楽にますます長生きすること」の意味が込められた「延年転寿」の文字が書いてあります。

「いつまでも健康で長生きし、笑いが絶えないご夫婦であり続けて欲しい」そんな当店からの思いが、この二つの言葉には込められています。

なお、高崎だるまのまゆは「鶴」、ひげは「亀」を表していますので、「いつまでも元気で長生きしてほしい」との思いも含まれています。

☆年末にご注文頂く際のお願いについて

こちらの商品を年末にご注文いただく場合は、「必ず11月末日までに」ご注文ください

12月1日以降にご注文いただいた場合、「1月の中旬以降のお渡し」になりますので、よろしくお願いいたします。

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「ダイヤモンド婚式だるま」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

ブライダルだるまの紹介

ダイヤモンド婚式の記念品

金婚式の記念品

ルビー婚式の記念品

銀婚式の記念品

錫婚式の記念品

結婚式の贈り物

結婚のお祝いの品物

犬好きへの結婚記念日のプレゼント

祖父母への誕生日プレゼント

長寿祝いだるまの紹介

還暦お祝いのプレゼント

古希お祝いのプレゼント

喜寿お祝いのプレゼント

傘寿お祝いのプレゼント

米寿お祝いのプレゼント

卒寿お祝いのプレゼント

白寿お祝いのプレゼント

百寿お祝いのプレゼント

長寿お祝いのプレゼント

安産だるまの紹介

新婚夫婦のプレゼント

懐妊祝いのプレゼント

 

お祝いのマナーについて

結婚何年目かや意味について

ダイヤモンド婚式は、「結婚60年目」のお祝いの名称になります。

「最高の記念日。長寿と繁栄を祝う」という意味があります。

おすすめのプレゼントについて

結婚60周年の名称は「ダイヤモンド婚式」ですので、「ダイヤモンド」にちなんだ品を贈ります。

例をあげますと、「イヤリング」「指輪」「ペンダント」「ネックレス」といったものがオススメです。

おすすめ出来ないお祝いギフトについて

冠婚葬祭の贈り物は、現金や品物です。贈り物は、人間関係をスムーズにする、日本の礼儀のひとつでもあります。最近では、そのマナーや慣習もゆるく、薄れつつあります。贈り物のタブーについても、あまり気にする人はいなくなってきています。

とはいえ、せっかくの贈り物でタブーは避けたいもの。知っていけば、相手に不快な思いをさせずに済む、最低限のものをご紹介いたします。

☆ハンカチ・・・ハンカチとは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くため、手切れを連想させるので、NGです。また、白いハンカチは別れを連想させるのでタブーとされています。

☆櫛・・・「苦」や「死」を連想させる「くし」は縁起が悪い贈り物です。

☆日本茶・・・弔事に使われることの多い日本茶は、お祝いの贈り物には不適切とされています。しかし、お茶好きな相手へ贈る際には、オシャレなデザインのものを選べば失礼にはあたりません。

☆印鑑・・・印鑑を贈るということは、責任を持てという意味が込められるため、両親や兄弟、上司以外が贈るのは避けた方がいいでしょう。

☆時計・かばん・・・時計やかばんは勤勉を意味するので、目上の人に贈るときには注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

☆履物・マット類・・・相手を踏みつけるという意味合いから、目上の人に贈る時には注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

金額の相場について

金額の目安は5千円~1万円になります。

お祝いの品を贈る場合は、個人が別々に贈るのもよいのですが、子供全員とか教え子有志とか、グループで高価な記念品を贈るのもよろしいでしょう。

プレゼントに添えるメッセージの文例について

・お父さん、お母さん、ダイヤモンド婚式ですね。なんとすばらしいことでしょう。私たち家族全員、心からお二人を愛し、尊敬しています。

・おめでとうございます。六十年の歳月を共に送られたお二人は、ダイヤモンドの輝きにも増す、栄光に満ちておられます。一層のご健勝を。

・おじいちゃん、おばあちゃん、結婚六十周年おめでとうございます。私の二倍以上の人生を、お二人で歩んでいるんですね。これからもお元気で、私の花嫁姿やひ孫の顔も見てくださいね。

・結婚記念日心からお祝い申し上げます。

・結婚記念日おめでとう。いつまでもお元気で。

・愛の記念日おめでとう。年とともに愛もさらに深まりますようにお祈りいたします。

「贈り物とお返しのマナー事典」より

「冠婚葬祭 手紙スピーチ全書」より

「NTT D-MAIL」より